No.33

特にテーマはございません。日常で見たり聞いたり考えたことを、徒然なるままに。

私的コレ聴け10選2016

さてさて、1年の締めくくりは恒例のこちらです。

 

※数字は順位などではないので悪しからず

 

1.Mammal Hands「Floa」

FLOA

FLOA

 

 サックス×ピアノ×ドラムというちょっと変わった編成のジャズ・トリオMammal Handsの2nd。

静かにじわじわと染み込んでくる音の連なり。この作品を聴くことが、即ちシアワセに速結するという稀有な体験。気持ちイイ。

どうしてこんなに私のツボにハマる音楽を作れるのか!という程にハマってます。

ところで、ジャケットの記号たちは何なんでしょうね。笑

 

2.Savages「Adore Life」

adore life

adore life

 

Savagesの2ndも出てきました。相変わらずガツンと攻めてきます。カッコイイ!

前作に比べて、しっかり足場が固まって安定感も出てきたような感じ。

このバンドが好きな私にとって嬉しいことがあってですね、映画「エクス・マキナ」のエンドロールで流れたのが彼女たちの曲だったのですよ!

(曲は、前作に収録されているもの)

もう、映画館で感動でしたね。もっと色んな所で曲が聴けるようになると面白いだろうな。

 

3.The Pretty Reckless「Who You Selling For」

Who You Selling for

Who You Selling for

 

カッコイイ女性ヴォーカルと言えば、こちらも。

2曲目の「Oh My God」がキラーチューン!イントロからテンション突き抜けます。

前作までに比べて、ひとつ殻を破ったような、そんな力強さも感じます。今後がますます楽しみに。

 

4.Useless ID「State Is Burning」

STATE IS BURNING

STATE IS BURNING

 

試聴して惚れ込んだ1枚。ストレートなパンクが嬉しい。パンクはアツくてクールなんだよ。

調べてみると、結構前から活動してるバンドなんですね。知らなかったです。

出身がイスラエルという驚き。でも、ヒトがいればそこには音楽があるはずで、そんな事も改めて考えたのでした。

 

5.GREEN DAY「Revolution Radio」

REVOLUTION RADIO

REVOLUTION RADIO

 

今年は嬉しいリリースが多かった。その内の1枚。GREEN DAY

中学生くらいで「Minority」に出会って、そこからずっと好きなバンド。

私の世代辺りは、そういうヒト多いんじゃないかな。

今作も変わらぬ疾走感&良メロで満足の1枚です!これからもずっと突っ走って欲しい!!

 

6.SUM 41「13 Voices」

13 VOICES

13 VOICES

 

GREEN DAYだけでも感激ものでしたが、何とSUM 41も新作リリース!

デイヴが戻ってきたからか、初期の作品を彷彿とさせる疾走感とメタルな要素の絡み合い。これまでのキャリアがもたらす厚み。

今の彼らがギュッと凝縮されてて素晴らしい作品。おかえりーって感じで嬉しくなる1枚です。(どこに行ってたわけでもないけど、笑

 

今年は他にBlink-182やNOFXのリリースもあったし、私世代のパンクリスナーを狙い撃ちにするかのような攻勢でシアワセでしたね。 

 

7.Red Hot Chili Peppers「The Getaway」

GETAWAY

GETAWAY

 

レッチリの新作は、かなりエモい方向に振れたような。怒涛のgood melodyの奔流に浸れます。

どう振れようがレッチリレッチリだというのをまざまざと見せつけてもくれます。

5曲目の「Goodbye Angels」はこれぞレッチリだ!という曲ですね。

ひとつのバンドでひとつのジャンルを体現しているような、そんな感じ。偉大だ。

聴いていて、ビートルズに繋がるような、そんな影がチラチラしました。その正体はまだわからない。

 

8.Serph「PLUS ULTRA」

PLUS ULTRA -updated best collection-

PLUS ULTRA -updated best collection-

 

Serphのベスト盤。ベストなんだけど、既存作はリミックスしてのVer違いだし新曲も入ってるし、もう新作でいいんじゃない?という勢い。

”updated”と称されてるように、好きな曲たちが"更新"≒生まれ変わったような具合です。

毎度のことながらジャケットのイラストもステキ。今作はマンタがモチーフでこれまでで一番好きかも。

 

9.ADAM at「スウィートホーム

スウィートホーム

スウィートホーム

 

このジャケットを見てウチに連れて帰らないヒトはいないでしょう!笑

あたたかなオレンジとかわいらしいネコさんに惹かれる1枚。

ジャケ買いしたわけじゃないけども、笑

4曲目に収録の「残響6/8センチメンタル」が傑作。涙が滲みました。

ADAM atは来年早々にも新作出してくるようなので楽しみです。

 

10.Perfume「COSMIC EXPLORER」

COSMIC EXPLORER

COSMIC EXPLORER

 

今年遂にPerfumeの洗礼を受けました私です。

チケット取れたのでライブに行ったら凄かった!というので、アルバムも買いました。

ライブでの演出も壮大でしたが、1枚のアルバムとして全体を通したそのコンセプトも大きな広がりがありますね。

「STAR TRAIN」はライブでのラストを飾った曲で、聴いてるとその様子を思い出してまだ身震いしてます。

作品単体としてより、ライブでの記憶によって印象が強化されたという部分も大きいですが、良い作品です。

 

 

 

今年を振り返ると、ここ数年の中では、格段に買ったCDが少なかったですね。

その中でも、あまり新しいアーティストに出会えなかったな、という印象で、それはそういう機会が減ったからという単純な環境の変化が理由。

そこを自分の行動を変えることで増やしていくことも可能だけど、そこまでするか?という気持ちもあり。

まぁ、いつ新しいものが飛び込んできても良いようなオープンさ加減は保つことさえ続けていけばいいのかな、と思います。"義務"みたいにしちゃうとシンドイので。

それでも、また来年の今頃にこのシリーズを書けるくらいには、ステキな音楽に出会いたいものです。

"気ままにディスクレビュー"シリーズも、もっと書いてかないとな。

 

今年も本ブログを読んで頂きましてありがとうございました。

また来年もよろしくお願いいたします。

ではまた、その内。

私的コレ観よ10選2016

さーて、今年もボチボチ終わり。色々と振り返るタイミング。

今年は大体月1かそれ以上のペースで映画館に足を運んで映画を観ることができたのですが、イイ映画が多くてとても楽しかった!

そんなこんなで、去年はやれなかったこの企画の復活です。(と言っても、これで2回目だけど

 

注:数字は順位とかではないので悪しからず

 

1.「この世界の片隅に


映画『この世界の片隅に』予告編

今年のベストはコレ。本当に素晴らしく、そして、心に深く刻みつけられるものがある作品でした。

端的に言えば"感動した"というひと言なのですが、こんなにも力強く、しかしとても静かに心を震わされたのは初めてだと思います。

作りとしても、原作の良さを微塵にも損なわず、アニメ特有の効果もとても有効に使われてました。原作がしっかり"昇華された"と言えるでしょう。

すずさんの声をあてられたのんさんも素晴らしかったですね。これからの活躍に期待。

この映画をスクリーンで観られる今を生きられることが、素直に嬉しい。そう思います。

2回観ましたが、年明けても上映続くようなので3回目を考え中。ふふっ。

 

2.「シン・ゴジラ


【映画予告編】『シン・ゴジラ(GODZILLA Resurgence)』特報予告TVCM|脚本・総監督:庵野秀明、/出演:長谷川博己、石原さとみ、竹野内豊|Movie Trailer 30sec

いやー、庵野総監督、すごいの撮ってくれました!樋口監督も流石!

私、 ゴジラは好きなのですが、この作品のゴジラはパッと見"何か違う"感が強くて、当初は劇場で観る気はなかったんです。

それでも公開が近づくにつれて興味が膨らんでいって観に行って大正解。やらぬ後悔よりやる後悔。(今回、後悔はしていない

何とも凄まじいゴジラでした。ゴジラに神々しさまで感じたのは初めてだったなー特撮も然ることながらドラマ部分も良かったですし、"面白い!!"と手放しで喜べる作品だったですね。これも2回観ました。

 

3.「怒り」


「怒り」予告2

アニメ、特撮と邦画の紹介が続きましたが、実写ドラマジャンルではこれがイチオシ。

まず出演陣が豪華!実力派揃い。そういった方々が間違いない演技をされてる中で、ひとり新人の佐久本宝さんの存在感がすごかった。

そんな強烈な役者さん達が紡いでいく物語。話の先が読める感がちょっとあったけど、グサッと刺さる。最終盤では鳥肌が立ちました。あの宮崎あおいさんのカットはヤバい。

それらを彩る音楽は坂本龍一さん。これまた間違いない。完成度高い作品です。原作読んで観返したいなー。

美しいカットも多かったですね。沖縄の空と海はズルいよ。(褒めてる

 

んー、観られなかったけど気になる作品チラホラあったし、今年は邦画が豊作だったですね。

 

4.「エクス・マキナ


人工知能の未来『エクスマキナ』予告

さて、洋画はと言いますと、一番はコレかな。

舞台は狭く限られた場所だけだし、登場人物も少ない。話も静かに淡々と流れていくシーンが多いんですけど、観終わった後の刺さり具合はすごい深かった。

近年、話題になることの多いAIがテーマのひとつだし、これから訪れる未来について、ヒトはどう技術が生み出す"存在"と相対していくのか、色々と考えることが多いなぁと。

アンドロイドの造形も凄かったですが、自然と人工物の美しさが際立つカットも印象的でした。

エヴァ役のアリシア・ヴィキャンデルさんはこの作品で一気に気になる役者さんの仲間入り。ドーナル・グリーソンさんはやっぱいいなー。

 

5.「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」


映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』予告編【HD】2016年11月23日公開

予告編でひと目惚れして観に行ったらチョー面白かった!

ハリポタシリーズの原作は全て読んでる私ですが、この映画の前知識はほとんど入れないまま観に行ってて、そうしたら設定があれやこれや繋がる作りですっごいテンション上がりましたね。

こういう形の作品を作ってくれるのは、シリーズのファンとしてとても嬉しいです。

主演のエディ・レッドメインさんがとても魅力的で一気に彼のファンになったのも大きなポイント。

全5部作の構想だという話も知って、ワクワクが止まらないでいます。

ファンタジー作品としても秀逸なので、原作知らないヒトも楽しめるはず!

 

6.「ザ・ウォーク


映画『ザ・ウォーク』予告1 2016年1月23日(土)公開

大好きなジョセフ・ゴードン=レヴィットさんの主演作。

今作も素晴らしい演技で魅了してくれました。綱渡りもトレーニングしてマスターしたってのだから流石。

目玉である高層ビルでの綱渡りシーンは圧巻でゾワゾワしましたね。鳥肌がブワーって。(私、高所恐怖症の気がありますので、笑

高いアングルからのニューヨークの街並みを眺めるカットが美しくて印象的でした。

実在する大道芸人のノンフィクションを原作とした話ですが、作りがファンタジーっぽかったのも面白かったです。好みのツボを突かれまくり!

 

7.「レヴェナント 蘇えりし者」


映画「レヴェナント:蘇えりし者」予告1(150秒) アカデミー賞主要3部門受賞

期待してた通りの力強さで、ずっしりとした存在感のある作品。

こういう作品をスクリーンで観たくて映画館へ行くんだ!と声を大にして叫びたい。

劇中、何度か繰り返されるこのセリフ。

"As long as you can grab abreath, you fight. You breathe. Keep on breathing. "

確かな重みをもって、意識に刻み付けられていきました。

ようやくレオ様がオスカーを手にしましたね。めでたい。

 

8.「バイオハザード ザ・ファイナル」


映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』予告編

シリーズ最終作だから、と軽めの気持ちで観に行ったらたまげた。

しっかり落とし前を付けて話を終わらせてくれました。いやはや本当に見事。

事の次第が明らかになり、事の始末も付いて、シリーズ通して積み上がてきたものがスッと収束する。これまでの作品を全部観直してから行くと爽快です。

最終作観たらシリーズをまた一段と好きに。これはスゴい事だと思います。

そんな手ありか!?というような展開もあって、うわーうわーってなりながら観てました。笑

 

9.「ローグ・ワン / スター。ウォーズ・ストーリー」


『スター・ウォーズ』スピンオフ!『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』予告編

シリーズ初のスピンオフ作品。どんな感じやら、と期待と不安がありましたが、とってもアツい作品が出てきました。

エピソード4に繋がる作品だという情報は得ていたので、話がどこに落ち着くかはわかってるつもりだったのですが、それを飛び越えていった感じ。

登場人物にしっかり役割があって、それを全うしていく姿には胸が震えます。そして、自分の胸に突き刺さる。

シリーズの本筋として、この作品の結末の先に待ってるものがわかってるからいいけど、単体の作品として見たら悲劇的でしんどい展開かな。ちょっと心が抉られたような感触もありました。

ディエゴ・ルナさんをこういう話題のある作品で観られてよかったわ。

エピソード7のレイと言い、今作のジンと言い、女性が主人公なのが今の流れなんですかね。まぁ、そういうの関係なしに、カッコイイ女性が活躍するのはイイ。好きだなぁ。

 

10.「BFG : ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」


Disney's The BFG - Official Trailer

ロアルド・ダール原作、スティーヴン・スピルバーグ監督の作品というので、面白くないはずがない!と個人的には期待値高かったのですが、全然話題にならなくて寂しかった。。。

実写とCGを組み合わせた作りで、ファンタジックな部分とリアルな部分がイイ具合に噛み合ってます。巨人たちの振る舞いが巧いなーと感心。流石だわ。

同監督の傑作「E.T.」と並べるのは言い過ぎかもしれませんが、根っこに流れてるエッセンスには同じものを感じました。

主人公のソフィーを演じた女の子が役にしっくりでキュートで良かったですね。

"お化けキュウリ"は怖いモノ見たさで一度食べてみたいな。笑

 

 

そんなこんなの10選でした。まだご覧になってない作品ありましたら、是非観てみてください!

 

今年の映画界隈は、過去作のリメイク・リブートや続編が大漁だったのが印象的でした。

その中でも、「ゴーストバスターズ」はとても面白かったのですが、先日観たバイオとローグワンに掻っ攫われて次点扱いとなった次第です。笑

私が観たのは「ジェイソン・ボーン」「スター・トレック BEYOND」「インデペンデンス・デイ リサージェンス」「X-MEN アポカリプス」「10クローバーフィールド・レーン」辺りです。

 こういう連なりを追っていくのも、映画を楽しむ醍醐味のひとつですね。

 

他に挙げるとしたら「追憶の森」かな。

マシュー・マコノヒーさんと渡辺謙さんの競演(あえての"競")と日本語の妙を巧みに使った仕掛けがとても印象的な良作でした。

(何だか10選じゃないじゃないか、という気もしてきたけど気にしない

 

 

さてさて、来年はどんな映画が観られるかな。

ではまた、その内。

「BLEACH」ベストバウト私的トップ3

BLEACH」完結。

今月、コミック最終巻が出まして、無事に最後を見届けられました。

読み終わったら笑顔になっていた。そういう作品って良いですよね。

まずは、久保先生、お疲れさまでした。素晴らしい作品を描いてくださったことに、心より感謝を。

 

 

さてさて、今回のエントリは完結記念企画。

BLEACH」の15年にも及ぶ物語の中で数々の戦いが繰り広げられたワケですが、その中から個人的に好きな戦いをご紹介します。

 

 

3位:市丸ギンvs藍染惣右介

大切なひとが奪われたものを取り返そう。

その為の長い長い戦いを、ギンはずっとひとりで戦っていたのですね。

得体の知れない振る舞いをそこかしこで見せていたギンの秘密は、彼の最期になって読者に明かされたのでした。

BLEACH」の中で、一番真っ直ぐで純粋な戦いだったのじゃないかな、と思います。(ちょっと泣いた

 

描かれた戦いのみならず、描かれなかった戦いに思いを馳せる。そういう物語に触れる時の醍醐味がギュッと凝縮されている点でも、とても好きな話です。

結果オーライな展開に、都合のよい理屈を被せてくる藍染さんがちょっと滑稽なのもグッド。笑

 

(48巻収録) 

BLEACH 48 (ジャンプコミックス)

BLEACH 48 (ジャンプコミックス)

 

 

 

2位:涅マユリ&涅ネムvsペルニダ 

この戦いのポイントは、ネムの覚醒。

これまでずっと涅隊長に付き従っていた(虐げられていたと言ってもいい程の扱いだった)ネムが、隊長の危機にその潜在能力を一気に爆発させる。

その動きは創造主である涅隊長の想定を遥かに超えるモノだったという。まさに"進化"だと。

この展開に、カーッと熱くなりました。ネムさん、カッコよかったなぁ。

そういえば、旅禍としての石田雨竜と涅隊長が戦った後、雨竜に礼を言っていたネムは、"進化"の片鱗を見せ始めてたのかもな、とも思ったり。

 

涅隊長は理屈っぽくて、戦いの最中にあれこれ講釈を垂れてくれるのが、とても私好み。

そんな涅隊長に対するペルニダのキャラクターも小憎たらしくて、掛け合いが面白かったですね。

ネムがやられて気を落とした涅隊長の眼前に、ザエルアポロが出現して嘲る→涅隊長が現実を見据えるという流れも良かった。

涅隊長はかなり振り切れてるキャラクターで、正直、そのスタンスは唾棄するような点があるのですが、この戦いで垣間見えた優しさ(それもかなり自己本位な所が根っこではあるのだけど)に、ちょっとホッとしたのです。ギャップ萌え。(違

 

(70~71巻収録)

BLEACH―ブリーチ― 70 (ジャンプコミックス)

BLEACH―ブリーチ― 70 (ジャンプコミックス)

 

 

BLEACH―ブリーチ― 71 (ジャンプコミックス)

BLEACH―ブリーチ― 71 (ジャンプコミックス)

 

 

 

1位:卯ノ花烈(卯ノ花八千流)vs更木剣八

この戦いの話を初めて読んだときの衝撃は大きかった。軽く放心する程に。

一番悲しい戦いだったのかな、と振り返ってみて思います。

更なる力を引き出す為に誰かが犠牲になるという展開はよくあるものですが、主人公でもないキャラクターの為に死なせるとはなぁ、というのも意外だったのでしょう。

るろ剣で剣心に奥義を伝授した比古師匠さえ死ななかったのに!

ただ、その軛を剣八にかけたのが卯ノ花隊長だったから、これは避けれれないものだったのでしょうね。

 

それにしても、卯ノ花隊長の中にあんな狂気が潜んでいたなんて、思いもよりませんでした。

なかなか感情を表に出さないキャラクターだったので、感情を剥き出しで斬り合う姿も新鮮でしたしね。

そして卯ノ花隊長の最期が、とても美しく感じられたのでした。とても印象的で、それ故、大好きな戦いです。

 

(59巻収録)

BLEACH 59 (ジャンプコミックス)

BLEACH 59 (ジャンプコミックス)

 

 

 

えー、何と、主人公が入ってません。と言うか、現世組すら入ってない!笑

死神サイドばかりですねー何だか、思い入れのあるキャラが多かったんですかね。

最初は敵だったけど、ある時点から仲間に、みたいな展開だとそうなり易いのかも知れません。

また読み返しながら、あれこれ考えてみるかな。

こういう事ができるってのは、良い作品の証ですね。

 

さて、そんなこんなで、ベストバウト私的トップ3、"此にて、お仕舞"。

あなたのお気に入りの戦いはどれですか?

 

 

ではまた、その内。