No.33

特にテーマはございません。日常で見たり聞いたり考えたことを、徒然なるままに。

私的コレ聴け10選2016

さてさて、1年の締めくくりは恒例のこちらです。 ※数字は順位などではないので悪しからず 1.Mammal Hands「Floa」 FLOA アーティスト: MAMMAL HANDS 出版社/メーカー: GONDWANA RECORDS 発売日: 2016/06/17 メディア: CD この商品を含むブログ (2件) を見る …

私的コレ観よ10選2016

さーて、今年もボチボチ終わり。色々と振り返るタイミング。 今年は大体月1かそれ以上のペースで映画館に足を運んで映画を観ることができたのですが、イイ映画が多くてとても楽しかった! そんなこんなで、去年はやれなかったこの企画の復活です。(と言って…

「BLEACH」ベストバウト私的トップ3

「BLEACH」完結。 今月、コミック最終巻が出まして、無事に最後を見届けられました。 読み終わったら笑顔になっていた。そういう作品って良いですよね。 まずは、久保先生、お疲れさまでした。素晴らしい作品を描いてくださったことに、心より感謝を。 さて…

逃げる、こと

どうもご無沙汰しておりました。久方ぶりのエントリです。 ちょっと前に、Twitterで"逃げる"ことが話題になってるの目にして、そして、また過労自殺の件でその辺の話が沸き上がってて、そんなこんなで色々と考えてたので並べます。 まとまるかどうかは定かで…

「シン・ゴジラ」の"シン"とは何だったのか

今週のお題「映画の夏」 これなくても書くつもりだったけど、ピッタリのお題が挙がってるではないか!というので便乗。 いやー、盛り上がってますね、「シン・ゴジラ」。 感想ツイートやエントリがあっちにもこっちにも出現してて、読むのが楽しくて仕方ない…

ジブリ映画の中で、ポスターが好きなのはどれか考えてみた

この週末は東京へ行っていまして、六本木ヒルズで催されている「ジブリの大博覧会」を観てきました。 スタジオジブリ設立からの30年をぎっしり詰め込んだ博覧会!というので、見応え十分な展示。 その展示物のひとつとして、ジブリ作品のポスターを一挙に集…

ヒトのそれを凌駕する知性の存在 - 映画「エクス・マキナ」を観て -

お久しぶりの更新です。 余裕が乏しくなってて、今ブログ書いても毒だなーという状況が続いてたので、ちょいと離れておりました。 まぁ、そんな前置きはいいや。 先日、映画「エクス・マキナ」を観てきました。 映画『エクス・マキナ』予告編 何かと最近話題…

結果と過程と

結果が全て。 過程が大事。 この2つは相反するものとして語られがちですが、本当に相反する概念でしょうか? 個人的には、これらは併存できるものだと考えています。 そして、周囲に結果を正当化する為に過程を蔑ろにするような空気があるのを感じて、とても…

気ままにディスクレビュー:Rodrigo y Gabriela「Rodrigo y Gabriela」

ひさしぶりのこのシリーズです。 ちょっとこれまでとは趣向変わって、インストゥルメンタル作品を持ってきました。 メキシコ出身のロドリーゴ・サンチェス(Rodrigo Sánchez)氏とガブリエーラ・クインテーロ(Gabriela Quintero)氏によるギターデュオユニット…

笑うことがもたらすパワー

先日、映画「モンスターズ・インク」を観ました。 モンスター達が人間の子供達を怖がらせて、その悲鳴をエネルギーとして利用するという世界設定が良かった。唸らされました。 そして、話の結末が悲鳴より笑い声の方が何倍もパワーがあるという所に落ち着い…

「モダンタイムス」を読みました

伊坂幸太郎著「モダンタイムス」を読了。 モダンタイムス(上) (講談社文庫) 作者: 伊坂幸太郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2011/10/14 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 75回 この商品を含むブログ (108件) を見る モダンタイムス(下) (講談社文庫) …

丸くなった、と言われました

体型が、ではありませぬ。 寧ろ、最近は痩せたと言われておりますからね。(ホクホク "性格が"丸くなったと言われました。 高校の時のクラスメイトとひさしぶりに会った席で 「うーん、何か以前のお前と違う。前はもっと酷いヤツだった!」 といきなり言われてし…

私的コレ聴け10選2015

2015年ももうすぐ終わり。 というわけで、恒例のコレ聴け10選です。 ※数字は順位とかではないですよ 1. 硝子越しの暴走「日常/非日常 e.p.」 日常/非日常 e.p. アーティスト: 硝子越しの暴走 出版社/メーカー: Sasai RECORDS 発売日: 2015/02/04 メディア: C…

気ままにディスクレビュー:STOROBOY「STOROBOY」

11/27のライブを以って、STOROBOYが解散。 素敵なバンドがまたひとつ、その歴史を閉じました。 彼らの1st miniアルバム「STOROBOY」を今回はご紹介。 STOROBOY アーティスト: STOROBOY 出版社/メーカー: イノベーター 発売日: 2012/12/19 メディア: CD この…

「悪の教典」を読みました -"恐怖"の描かれ方について-

最近、積読の消化が進んでおります。良いことです。 その流れで、貴志祐介著「悪の教典」を読み終えました。 悪の教典 上・下巻セット 全2巻 (文春文庫) 発売日: 2012 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る この作品は、いわゆるサイコパスによる大量…

日本の世界遺産について私的覚書

10月も終わろうかという時に9月の話をしますが、夏季休暇で島根を旅行してきました。 スポットとしては、松江城、足立美術館、出雲大社、石見銀山(旅程順)という豪華ラインナップ。 良いトコですね、島根。ご飯も美味しかったし、堪能できました。 で、旅…

気ままにディスクレビュー:snow chord「紡」

おひさしぶりの更新です。 今回ご紹介するのは、広島を拠点にして全国をライブで巡っている3ピースバンド、snow chordの1st mini album「紡」。 先週発売の出たてほやほや、バンド初の全国流通盤にございます。拍手!(パチパチパチ snow chord 1st mini alb…

戦争について

ご無沙汰していました。 PCのHDDが壊れてしまって、換装したり環境復旧させたりゴタゴタしておりました。 それも落ち着いて、ブログ更新も再開です。今後とも、どうぞよろしく。 さて、今日、8月15日は終戦の日。 そして、今年は、その終戦から70年という節…

気ままにディスクレビュー:Arctic Monkeys 「Whatever People Say I Am, That't What I'm Not」

先月はディスクレビューエントリ書けてませんでしたね。ぬかった! 何も、月1回必ず書くと決めてるワケではないのですけど、これまで続いていたのでちょいと残念。 まぁ、書けなかったのは仕方ない。気を取り直していきましょう。 今回ご紹介するのはイギリ…

何度も楽しむ、楽しめるということ

先日、映画「インターステラー」のDVDを借りた。 2度観た。2度とも面白かったし、2度とも泣いた。 この作品は、去年、映画館で観ていたく気に入った作品で、その時も、大いに楽しんでボロボロに泣いた。 観る度に更なる面白さを見つけて楽しむのだと思う。そ…

心の閾値は変えられるということ

子供の頃、音楽を聴いてると身体が動くのが常だった。 リズムやメロディに合わせて、足を踏み鳴らしたり手を泳がせたり、そんな事をやっていた。 周囲のヒト達はそんな事はしておらず、自分のちょっとミョーなクセなんだと思っていた。 成長の過程の中でも、…

忘却を制御する

過去に、記憶に囚われる。 フトした時に思い出して、そっちに心を引っ張られる。 もう過ぎたこと。今には少しも関係ないはずなのに。 忘れられば楽なのはわかっている。 でも、意図的に忘れる事は難しい。そもそもできるのだろうか。 忘れる事を制御できれば…

水のように

去年から水泳をやっています。 やっています、と言っても、気が向いた時にフラッと泳ぎに行くくらいで、平均して月に1回行くか行かないか、というペース。 子供の頃、スイミングスクールに通うとかはしていませんでしたが泳ぐのは好きで、と言うか、水と戯れ…

気ままにディスクレビュー:ELLEGARDEN「BRING YOUR BOARD!!」

今日で5月も終わりですが、既に真夏日を記録するなど、しっかり夏の気配が色濃いですね。 夏かー海だーという所から思いついたこちらの1枚。 ELLEGARDENの2ndアルバム「BRING YOUR BOARD!!」をご紹介。 BRING YOUR BOARD!! アーティスト: ELLEGARDEN,Takeshi…

作業分担の理想と現実

目は視覚を司り、耳は聴覚を司る。 目は物を見、耳は音を聞く。 目が音を聞いたり、耳が物を見たりはできない。 私達の身体は、様々な器官がそれぞれに割り当てられた役割をこなすことで、ひとつの個体として活動しています。 ヒトに限らず、いわゆる多細胞…

無恥を知る

5月も半ばを過ぎ、爽やかな初夏の風が心地良い時季です。 最近の晴れた日は、本当に清々しく気持ちの良い青空が広がりますね。 もう初夏の気配を通り越して、ムシッとした湿気が含まれてきてもいますが、もう少し、この爽快な季節を楽しみたいものです。 さ…

「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」を読みました

4月の終わり頃から積読消化モードに入って、次々と本を読んでおります。 GWの連休後半から、満を持して、スティーグ・ラーソン著の「ミレニアム」シリーズを読み始めました。 このシリーズ、全3部作で各上下巻の大ボリューム。ちょっと着手するのに覚悟が要…

ライブハウスへ行くヒト、行かないヒト

最近、Twitter経由でアンテナに引っ掛かったバンドのライブが立て続けにあって、観に行ってみた。 お目当てのバンドはとても良く、対バンもチラホラ好みで、とても楽しかった。 会場は100人に満たないような規模だったり、250人収容とそこそこの大きさだった…

気ままにディスクレビュー:The Offspring「Americana」

ひょんな事から、最近、個人的メロコアリバイバルがきております。 中高大と学生時代はよく聴いていた方面。 何がその入口だったかな、と振り返って思い浮かぶのがThe Offspring。 そんな彼らの5thアルバム「Americana」を今回はご紹介。 Americana [ENHANCE…

名前の話をしよう

名前って不思議。 平たく言ってしまえば、あるものを識別する為の記号に過ぎないのだけど、とても大きな意味を、力を持つ。 そう思う。 物語の中でも、とても重要な使われ方をしたりもする。 例えば、映画「千と千尋の神隠し」で、主人公の"千尋"が湯婆婆に…