No.33

特にテーマはございません。日常で見たり聞いたり考えたことを、徒然なるままに。

何故やるか?

巷で話題の「いつやるか?」という話ではありませんので悪しからず(ぇ?もう古い??

 

先日、職場の方とお話してて、自炊の話題になったのです。

 

職場の方:「自炊やってるんだよね?」

私:「はい。ほぼ毎日作ってますねー云々、、、」

職場の方:「すごいねーやっぱ節約になるの?」

 

と、ここで私がキョトンとしてしまった。

私の中で「自炊=節約」という構図が全くなかったので、虚を突かれたのですね。

 

私は子どもの頃から、家事の手伝いをやってまして(親がそういう方針だったのもあり)、料理とかに慣れ親しんでました。

それで自然と「料理面白い!自分で美味しいもの作れるの楽しい!!」と思うようになりました。

 

なので、私が自炊するのは、単に「好きだから、楽しいから」なんです。

節約なんて少しも考えてない。そら、スーパーで食材買う時は安いものを見繕いますけども、それはまた別のお話。

 

 

自炊に限らず、私の行動の根っこ、モチベーションの源泉は「楽しいか、面白いか、好きなのか」という所。

 

何かやってて「ぁー、もうこれ面白くないな」となると、途端に「やりたくないなぁ」となってしまう。

とても無責任。とても我侭。とても子どもっぽい。

でも、そんな状況を我慢するのも違うと思っています。やりたくない事を続けても良いことはないでしょう。

継続も、常に力になるわけでもないですから。

 

こういうスタンスなのは、今の私が自分以外に何かを背負ってる、背負わされてるワケではなく、とりあえず自分の事だけ考えて、責任とっていればいいから、という部分も大きいのでしょうかね。

別の責任が生じると、また違う姿勢にもなるかもしれません。

 

昔、自分のやりたい事とかの周辺がワケわからなくなって、それがきっかけになって大学辞めました。

最近、自分のやりたい事に対する見方に新しい部分が出てきて(と言うか、ようやく燻ぶってたモノに正対するようになって)、色々と変化を起こそうと考えています。

 

やらぬ後悔より、やる後悔を。

先の見える現状維持より、良くなるか悪くなるかわからないけども変化を。

そういう考え方なのです。

 

何かをするのは何故なのか?

そういう部分で、自分に正直でありたいと思います。色々難しいですけどね。

自分で決めたからこそ踏ん張れる、やり通せるって事も確かにあるでしょう。

 

 

うーん、何か脈絡なくなっちゃいました。まだまだ文章下手だなぁ、、頑張ろう。

とりあえずの覚書程度、という事で、ご了承ください。

 

ではまた、その内。