読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.33

特にテーマはございません。日常で見たり聞いたり考えたことを、徒然なるままに。

映画「リンカーン」を観て

日常 映画

先月半ばから関東に出張中で、休日は都内だとかをブラブラして過ごしてます。

今日は、高田馬場にある早稲田松竹で映画を観てきました。

 

早稲田松竹はいわゆる名画座と呼ぶタイプの映画館で、ちょっと前の作品やずーっと昔の作品を、2本立てとかでやってくれます。しかもお安く。

というワケで、長く関東にいる時は、放映スケジュールをチェックしてるのです。

、、おっと、前フリが長くなってしまったいる。

 

今日やってたのは「THE MASTER」と「リンカーン」の2作。"指導者と呼ばれた男たち"というテーマだそうです。

「THE MASTER」の方は、感想書けるほどによくわからなかったので放置(マテ

「リンカーン」についてちょいと書きます。

これ以降、ネタバレ満載なので、読まれる方はご注意を。

あと、歴史には疎い方なので、事実誤認などあれば指摘いただけると幸いです。

 

 

 

 

 

 

リンカーンと聞くと、まず頭に思い浮かべるのが、ゲティスバーグ演説での「人民の人民による人民のための~」という文句。

リンカーンを扱った映画というのでこのシーンが山場にあるのか、と思いきや、話は既にこの演説が終わっている頃から始まります。

 

物語のメインは、アメリカ南北戦争の末期に奴隷制を廃止を謳うアメリカ合衆国憲法修正第13条を、下院で可決させるまでの約1ヶ月に渡る紆余曲折。

いわゆる政治の駆け引きが繰り広げられます。

そういう所も面白いは面白いのですが、個人的には、やはり奴隷を巡る当時のヒトの考え方や決断に至るまでの苦悩やら、がとても興味深かった。

 

現代では、奴隷は社会的に許されるはずのない存在であり、誰しもが過去にそのような制度があった事を「悪」だと考えています。

でも、奴隷制のあった時代に生きたヒト達は、奴隷という存在があって"当たり前"という社会で生活していたヒト達は、奴隷が解放される事についてどう思い、反応したのか。

その辺をボカす事なく、しっかりとこの映画は描いています。

思想。主義。所属する党派。長引く戦争の影響。

奴隷を巡る、社会の、ヒトの動きを、その動きに至る根っこの部分を炙り出していく。

実際、自分がその時代に生きて、その立場にいたならどう考えていたのか。

自身に投影して、考えるきっかけとして、とてもいい材料を示してくれると思います。

 

 

と、ここまでが全体的な話で、ここからは個人的に印象深かった事について。

 

トミー・リー・ジョーンズが演じる、ずっと奴隷廃止を唱え続けていた議員が出てきます。

彼が、それまでの主張を押し通すのではなく、より修正第13条が通り易いような無難な形で意見を述べるシーンがあります。

何かしら目標を持っていると、できるだけ、その目的へ最短距離で突っ走りたいですよね。

でも、最短距離がいつも本当に最短であるとは言えなくて、「急がば回れ」という状況もある。

私がとても一直線で突っ走りたがるタイプなので、これは胸に刺さりました。

(にしても、このトミー・リー・ジョーンズの役は良かったー全てが明らかになった時は目頭が熱くなりました。

 

修正第13条の決議のシーンに収束していくドラマも、かなり見応えありました。

自分の所属する党の方針に準じた者。賛成することで見返りを約束された者。自分の信念を貫いた者。

票を投じる理由は様々で、どの議員にとっても、その決定を下した理由がありますが、結局は、そのヒトが何を大切に思い、考えているのか、という事に落ち着くのでしょう。

ここでも私は自分に投影していくわけですが、私は何を大事にしているのか、その時々で見直す事も必要ではないかな、と感じます。

 

 

他にも、政治周りのあれこれだけでなく、戦争に纏わる話や家族との付き合い方だったりとか、色々な材料が沢山詰まっている映画でした。

(ちょっと詰め込みすぎではないか、と思えるくらいに、苦笑

随所に出てくる"God"という言葉や様々な逸話の引用など、アメリカの文化をより深く理解した上で観ると、また違う面白さもあるのかもしれません。

それにしても、流石のスピルバーグ監督。映画としての完成度、安定感は素晴らしい、の一言。

こういう類の題材を、他にも扱ってくれると嬉しいな、と思ったのでした。

 

 

奇しくも、現在、日本でも憲法を変えるだのどうだのという話があります。

その時、自分が大切にしている事は何なのかしっかりと見つめて判断し、自分の言葉でそれを表現できるように、そう在りたいな、とも思ったのでした。

 

 

うーん、慣れん政治っぽい話に触れたせいか、時間かかってしまった。。。

もっと色々書いてかないとなぁ。

とりあえず、この映画はも一度観よう!

 

ではまた、その内。

 

 

リンカーン [DVD]

リンカーン [DVD]