読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.33

特にテーマはございません。日常で見たり聞いたり考えたことを、徒然なるままに。

来るものは拒みます?

今のプロジェクトの担当機能は、ホント、あっけないくらい(額面通りって程じゃないけど、業界の水準としてはおそらく)スムーズで、期間がまだ残ってるけど正規にはやる事が無くなりそうな勢い。

そうなると、他の炎上箇所から作業が回ってきて、というのが常で、私らのグループにももちろん、そういう話が降ってきた。

 

で、その話を定例打ち合わせの終わりにサラッと聞いたのだけど、プロパさんの物言いが、「いかにその作業を受けないようにするか」という姿勢だったんだよね。

あー言えば、こー言えば断れる?というような話。正直、知るかって感じ。やるのは結局私らだし(失笑)。

相手の言い値がそのまま降ってくるプロジェクトにこれまでは居たから、この展開に正直ビックリして思考が停止してしまって、その話されてる間はずっとモヤモヤが続いてて、はっきり何がどう、とは言えなかったんだけど、思い返すと色々考えが浮かんできた。

 

まぁ、余計な作業増やしてくれるな、というのは正直思うのだけど、対岸はしっかり燃えててこのままじゃプロジェクト完遂しないのは目に見えてる。

こっちのやる事はほとんど終わってるから、それが回ってくるのはプロジェクト全体としては(日本的仕事の構造から言えば)当然。

嫌なら、最初から、何が起こっても担当機能外の作業は受けない、って契約交わしとけってんだ。へっ。

 

来ることはわかってて、来るのを拒絶する事に力を注いでも益はない。割り切り大事。

それより、如何にこちらがやり易い条件を提示して、スムーズに事を進めるように考えた方がいいんじゃないか。そっちが建設的でしょ。

最初からできない理由を考えるな、というのはこういう事なのかな、とも思う。それが常に正しいとは限らないけども。

 

と、ここまで書いて、プロパのポーズ取りだけだったのかもしれない、とか思い当たった。

「私らはあなた方の作業を極力減らすように努力しましたからね。後は頑張ってくださいね。」みたいな。

そうだとしたら、士気を低めるだけ逆効果。ヒトの使い方がわかってないな。へっ。

(ぶーぶー書いてるけど、特に今のプロパが悪いヒト達というワケではない。合わないな、とは思ってるけど。

 

 

そんな印象を直感で得ていたからか、ずっとモヤモヤしてたのかな。

今度そんな印象を抱いたら、さっさと言語化してしまって何か言えるようにしたがいいのかな。また、和を乱すキャラの称号を得るだろうか。

もう、粛々と淡々とやる事だけやって、他の楽しい事に全力で向かったがイイですかね。人生的に。

 

 

そんなこんなで愚痴でした。お目汚し、申し訳ございません。

ではまた、その内。