読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.33

特にテーマはございません。日常で見たり聞いたり考えたことを、徒然なるままに。

痛みを正確に感じ取ろう

昨日、サッカーJ2のファジアーノ岡山ジュビロ磐田の試合を観に行ってきました。

ジュビロの松井、前田両選手を目当てに行って、ふたり共に先発。

試合は1-1のドローで、ゴールはどちらも素晴らしいシュートで、互いに攻め合って面白い試合でした。

特にどちらかを応援してたワケではないですが、イイ試合を観られて満足。

 

そんな中でちょっと気になった出来事もあったので、それに端を発して考えた事と併せてちょいと書いときます。

 

 

ファジアーノのホームゲームだったので、ファジアーノサポーターに囲まれての観戦。

試合終了後、周囲のサポーターからこんな言葉が聞こえた。

 

「負けなくて良かったね」

 

対戦相手のジュビロはJ1から降格したチームで、一時期はJ1で黄金期を築いてたようなチームで、元日本代表の選手も幾人か抱えてるチームで、下馬評的な意味ではファジアーノより格上と言われるだろう。

だけど、昨日の試合でしっかり格上な戦いを見せつけていたのか、と言うと、そうではなかった。

 

確かに、ジュビロが擁する元日本代表の松井選手や前田選手の個の実力には違いを感じたし、随所で細かい巧さは見られた。

だけど、ファジアーノの方がチームとしてのまとまりを感じられたし、少なくとも、攻撃に関してはファジアーノの方がジュビロ守備陣を効果的に崩せていた。シュートもファジアーノの方が多く打てていた。(若干、という程度だけど

後半途中でジュビロが交代カードを切って松井選手が退くと、最終ラインからのロングフィードやサイド突破で幾度となくチャンスを演出できてたし、同点ゴールもその流れの中で決めて、残り時間もアディショナルタイム含めると10分程はあった。もう1点取れてもおかしくはなかった。

個人的には、「負けなくて」ではなく「勝ち切れなくて」という試合に見えた。(ジュビロにとっても"勝ち切れなかった"試合ではあったのだけど

 

 

自分の望まない不利益な事態が起こった時、ヒトはどう振る舞うだろうか。

何らかのダメージを受けて、大なり小なりの傷を負う。

その傷の痛みを和らげようとする。その痛みを実際より小さいモノと思い込もうとする。

 

「大したことないよ」

「もっと酷いことにならなくて良かった」

「大丈夫、問題ない」

 

そのまま受け止めてしまうと潰れてしまうような、そんなあまりに大きな痛みを受けてという時には、そうやって和らげることも必要でしょう。

でも、常にそう処理してしまうのは違う。

痛みは危険のシグナル。適切な処置を行う必要があるシグナル。

その程度を正確に感じ取ってこそ、受け止めてこそ、適切な処置もできるはず。より効果的な対処が考えられるはず。

そして、その傷の治癒が、自分が思い描く結果がより近づいてくるはず。

 

 

ファジアーノJ1昇格プレーオフへの出場を目指すスタンスで、その出場圏内に今はいるのだけど、圏内外を分けるボーダー(6位以内)との勝ち点差は4。

残り試合は12。全然安心できない状況である。

であれば、少しでも勝ち点を積み重ねるべきで、勝てる試合は勝った方が良い。(まぁ、勝負事は常にそうか

そんな状況では、「負けなくて良かった」ではなくて「勝てなくて悔しい」という心こそが相応しいのではないかな、と思った。決して、勝てない相手ではなかったのだから。

 

「負けなくて良かった」はそこで思考停止してしまいそうで、そこで歩みを止めてしまいそうだ、「勝てなかった」は「どうしたら勝てたのか」に繋がりそうで、もっと前に進めそうだ、と思いもします。

 

 

うむ。柄にもなく、暑苦しい話を書いてしまった。

ファジアーノジュビロも、もっと良いチームに成長して、もっともっと日本のサッカーリーグを盛り上げて欲しい、と、いちサッカーファンとしての思いで〆させて頂きます。

改めて、昨日は面白かった!イイ試合でした。選手達には心から拍手を。

 

ではまた、その内。