読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.33

特にテーマはございません。日常で見たり聞いたり考えたことを、徒然なるままに。

水木サンの幸福の7ヶ条

先日、Twitterで話題になってて、面白いなぁ、と思ったのでつらつらと。

 

ゲゲゲの鬼太郎」や「悪魔くん」などで知られる、漫画家の水木しげるサン。

その著書「水木サンの幸福論」で紹介した自身の"幸福の7ヶ条"が、TLに流れてきました。

内容はこちら↓

第1条:成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
第2条:しないではいられないことをし続けなさい。
第3条:他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。
第4条:好きの力を信じる。
第5条:才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
第6条:怠け者になりなさい。
第7条:目に見えない世界を信じる。

面白いでしょ。なので、ちょっとそれぞれについて突き詰めてみたいな、と思ったので書いてみる。そんなエントリ。

 

※元の著書は↓(これ書いてる時点で、Amazonで一時品切れになっておった!

水木サンの幸福論 (角川文庫)

水木サンの幸福論 (角川文庫)

 

 

・ 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。

成功、栄誉、勝ち負け。それらは単なる副産物。

何かをやった結果、たまたま付いてくるような要素。

そういうモノに心奪われず、何かを為そうとした、その本当の目的を見失うこと勿れ。

まぁ、そういうモノを目的に事を為すヒトもいるんでしょうけども。

 

・しないではいられないことをし続けなさい。

続ける、継続する、というのは本当にエネルギーが必要ですよね。

アレやろ、コレやろ、と思って取り掛かっても、いつの間にかやらなくなってる。

だって、それをやる必要が常にはないから。やらなくてもいいから。続けるって、何かとシンドイ。

逆に考えると、しないではいられない!という状態に持っていけば継続できるって事。

自分の中身を組み替えて、やり続けようと思った事をやり続けないではいられない事にする。

そうやって目的地に近づいて行こう。

 

・他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追求すべし。

これはよく考えます。何かと他人を理由にしてしまう傾向。

他人がーという理由は、結局、逃げに繋がる。そんな理由でやろうとした事は、結局成し遂げられない。(事が多い

赤信号、皆で渡れば怖くない、とかダセェな、と思います。誰が渡ってなくても渡る必要があれば渡るさ!(マテ

あと、このセリフも思い出しました。

"死ににいく理由に他人を使うなよ" by 浦原喜助 from 「BLEACH」(浦原さんシビレるー

 

何かをやるのは自分でしかない。そこに他人は関係ないよ。

自分がどう思い、考え、動くか。それ以上でもなくそれ以下でもない。

 

・好きの力を信じる。

皆さん、好きな事やってますか?やれてますか?

好きな事って、思い立ったらすぐにヒョイッとやれる事、多いですよね。そして、やり続けられる。

その事から、好き、のエネルギーが凄まじいモノだと思います。

そして、そのエネルギーを存分に使ってやろうじゃないか!とも。

その為には、まず、信じる事から。信じる事で、そのエネルギーも増すはず。

 

あと、何かを選択する時、「ぁ、これ、私は好きだな」という理由が入ると、まず外れない。

理屈じゃなくて直感の部分。その勘を信じて行動すると、何かと楽しい事が待ってますよ。

 

・才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

ちょっとこれ難しいですね。

やれる事がお金に繋がるばかりじゃない。頑張ってみても求める結果に繋がらない事もある。

だから、、、も少し自信持って、肩の力抜いて、そう思い詰めないで。そんな感じ?

 

・怠け者になりなさい。

休みたい時は休んで、眠たい時は眠ればイイじゃない。

無理に根詰めなくてもイイじゃない。

身体から力抜いて、肩肘張らずにいてもイイじゃない。

怠けてもイイんだ。その方が、きっと、楽しい。その方が、きっと、頑張らないといけない時に頑張れる。

 

・目に見えない世界を信じる。

妖怪っているんですよ、という話ではなく。(笑)

自分の与り知らない部分、世界ってあるんですよ。きっと。

そんな事について気に病んでても仕方ないですよ。どうしようもない時ってのはあるのですよ。

だから、何か不慮の事が起こっても、目に見えない世界のナニカが作用したんだって事です。

森羅万象、全部が全部を理解できるはずはありません。

全てに理由があるとして、その全てを掴み取れるはずもなく。

 

あと、そういう世界があると思うと、ワクワクしませんか?

多分、そういう世界は、誰にとっても自由なんじゃないかな。そう思います。妖怪もやっぱいるんだろうな。

 

 

 

全て通して何だかアレですね。楽に、楽しくなってきます。ウキウキ。

 

書いてて思いましたけど、これ本読まないと収まらない話ですね。

このままじゃ単なる放言。水木サンの考えを知らないと。よし、本買おう。

 

 

ではまた、その内。