読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.33

特にテーマはございません。日常で見たり聞いたり考えたことを、徒然なるままに。

願う

つぶやき

許さない。

そう言って、正義の名の下に拳を振り上げる。

そんなあなたの姿は、対する相手の目に、あなたが見ていた相手の鏡像として映るだろう。

 

失われたものはもう戻らない。起こってしまった事を無かった事にもできない。

 

耐えろ、とは言えない。

許せ、とは言えない。

忘れろ、とは言えない。

 

気を晴らすことは、一時の救いになるのかも知れない。

でも、それがまた別の新たな悲しみの種となっては、何の報いにもならないだろう。

 

繰り返してはならない。悲しみや痛みや苦しみが、どんどん増えていかないように。

考える。行動する。声を発する。どうにかして食い止めるべく。

 

 

 

シアワセなヒトが多いって事は、それだけ、悲しみも痛みも苦しみも少ないって事じゃないかな。

 

"みんなで幸せになろうよ"

 

それが、こんなに難しいなんてね。でも、できないはずはないでしょ。そう願うよ。