読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.33

特にテーマはございません。日常で見たり聞いたり考えたことを、徒然なるままに。

何度も楽しむ、楽しめるということ

日常

先日、映画「インターステラー」のDVDを借りた。

2度観た。2度とも面白かったし、2度とも泣いた。

この作品は、去年、映画館で観ていたく気に入った作品で、その時も、大いに楽しんでボロボロに泣いた。

観る度に更なる面白さを見つけて楽しむのだと思う。そして、泣くのだと思う。

 

 

こういう楽しみ方はこの作品に限らない。

去年は沢山映画館に行ったのだが、そこで観た作品がレンタルショップに並んだら借りてる。

映画館で観た作品のほとんどはレンタルでも観てると思う。

 

※去年観に行った作品についてのまとめ的エントリはこちら↓ 、ここに挙げてて借りられるのは全部借りてんな!

mkt-33.hatenablog.com

 

 

音楽には俗に言うスルメ曲というものがある。

聴けば聴くほどにハマる、良さが滲み出てくる、そんな曲だ。

映画にも、同じような魅力を持っている作品があるのだろう。

 

映画だと映画館で、音楽だとコンサートやライブで、そういう楽しみ方が一次的なものだと思う。

その次元で楽しむのも勿論良いのだが、これを何度も繰り返そうとすると、いかんせん首が回らなくなる(苦笑)。

(正規の料金で映画2回観たら、1週間分の食費を優に超えますからね!ライブとか言わずもがなで。

 

だから、DVDだったりCDだったりのソフトで、今だったらネットやらの配信で、何度も楽しむ。楽しめる。

こういう手段があることが大事なのだと考えてる。

(どういう楽しみ方が1番だとか、そういう話はナンセンスだ

 

何度も楽しみたい、そう思う作品は尽きない。次から次に出会う。

物が増える。時間が足りない。その辺が悩みだ。贅沢な悩みか。

 

余談だが、今はこんな事を書いてる私だが、昔は、父親が「13デイズ」だったり「レッド・オクトーバーを追え!」だったりを、何度も観ていたのがよくわからない子供だった。

今ならよくわかる。これが歳をとるという事なのかな。

 

 

取り留めのない書き物になっていまった。最近はイマイチ思考が固まらずにジリジリしている。

原因はアレだろうし、これはもうやり過ごすしかないだろうし、こういう時もある。

そんな感じで、本ブログにお付き合いください。

ではまた、その内。