読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.33

特にテーマはございません。日常で見たり聞いたり考えたことを、徒然なるままに。

気ままにディスクレビュー:snow chord「紡」

おひさしぶりの更新です。

今回ご紹介するのは、広島を拠点にして全国をライブで巡っている3ピースバンド、snow chordの1st mini album「紡」。

先週発売の出たてほやほや、バンド初の全国流通盤にございます。拍手!(パチパチパチ

 


snow chord 1st mini album 紡 2015.9.2 発売 - YouTube

 

これまで、このシリーズでご紹介してきた盤は、結構、昔のばっかりだったので、ちょっと新鮮な感じです。

いやね、この週末に手に入れて、今日料理しながらとか聴いてたら、何かすごい染みてきたのですよ。

そして感じたことをTwitterでバーッと連投しようかとも考えたけど、これはブログに書く量だな、そうするべきだな、という衝動に突き動かされたワケです。

そんな良盤。

 

snow chordとの出会いは今年4月。

広島でもライブ行ってみようかな。良いバンド居ないかな。と探してて、アンテナに引っ掛かった。

観に行って、グッと引き込まれて、一発でファンに。これまで3回観に行けたかな。

6月だったか観に行った時に、この音源を発売するって発表があって、すごい楽しみにしておりました。

 

 

さて、本題へ。

伸びやかな歌声からこのアルバムが、1曲目の「メグル記憶」が始まります。

キャッチーなメロディの中に全編を通して鳴き、最後の余韻を引くギターが印象的。

2曲目は、ハードさが際立つ「鎧」。ドラムが面白いなーという所に引っ張られて、しっかり縦ノリ。

こういうのをライブで聴くと、個人的にはとても盛り上がります。

3曲目「灰空 album ver.」。snow chordとはこんなバンドだ!というらしさが溢れる、そんな曲。

この辺の感覚は、どうにも文章で表現するのが難しいのですが、ライブで観てる時にメンバーが醸し出す空気感にとてもぴったりしっくりきます。

Twitter見てたら、この曲好きな方、この曲が入っていることを喜んでる方が、沢山いらっしゃるのですね。それも頷けます。

 

そして、4曲目には「人を恐れて」が静かに、力強く続く。

すごい聴かせてくれる。切なくも広がる歌声が、胸の奥をグッと握って、握り潰されるような。

そこに添う、ベースとドラム。そっと寄り添う。

間隙を埋めるかのように鳴り響くギター。余計なものがない。素晴らしい完成度の曲と思います。

 

その余韻に浸りつつ、静の次は動。強烈なリフから始まる5曲目は、ライブでお馴染みの「その先へ album ver.」。

この曲、ライブでの盛り上がりはいつもすごくて、サビでのハンズアップはお決まりですね。何たって、気持ちイイ曲!

"自分のこと 幸せにしようじゃない"という歌詞に、ニヤッとする。前へ、先へ、そんなエネルギーをくれる。元気になります。

 

最後の6曲目は「悠」。

この曲を今日聴いてたら、ちょっと目頭が熱くなっちゃってね、それが、このエントリを書く決定打なったようなものでして。

色々と思い出して、色々な想いが湧いて、巡って、色々と考えてしまって。

誰もが誰かを思い出す、今は傍には居ない大切なヒトを。そんな曲だと思います。

ここに歌われる2人がどんな別れを経たのかはわからないけれど、どんな別れであったとしても、いつかまた出会えた時には、相手に、自分に笑顔が浮かぶように。

その為に、今の自分が何をしないといけないのか、どんな自分になる必要があるのか、そう自分に問いかけたい。それに相応しい自分であるのかと。

自分に課すべきだと考えているモノは幾つかあるけど、その中のひとつを、とても大事にしたいものを歌ってくれている曲だと感じました。

こういうのも変な気もするけど、ありがとう。大切なことを思い出せたように思います。

 

 

で、この作品を通して聴いてて気づけたのですが、歌声がこんなに多彩なバンドだったのですね。

こんな色が出せるのか、と驚かされる場面が多々ありました。

ライブ観ながら聴く歌と、音源から自分のペースで受け取りながら聴く歌と、結構違うものです。そういうのが面白い。

  

面白いと言いますか、snow chordの素敵だと思っている所は、メンバー3人がそれぞれ詞を書き、曲を作ること。

3人がそれぞれの色を持っているのだけど、そこから紡がれていく曲は、間違いなくsnow chordとしての色になっていて、すごい"合う"メンバーなんだな、と思います。

これから、どう歩んでいくのか、しっかり応援しつつ、見届けていけたらな、と考えています。

本作のリリースおめでとう。これからも頑張ってください。次作も待ってますよ。(気が早い

 

さて、全国流通盤のこちら、タワレコHMVヴィレヴァンでお買い求め頂けます!

ぁ、Amazonでも取り扱ってるみたいですね。

まぁ、Youtubeでもいいや(いいのか!?)。聴いてみて、気になったら、どうぞライブへ。

これからリリースツアーで全国を回られますので。詳しくは、"snow chord"でググるといいよ。

私は、今週末のレコ発ライブに照準を合わせて、しっかり楽しむ所存です。

音源も良いけど、ライブも良い。そういうこと。

 

 

ではまた、その内。