読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.33

特にテーマはございません。日常で見たり聞いたり考えたことを、徒然なるままに。

逃げる、こと

どうもご無沙汰しておりました。久方ぶりのエントリです。

 

ちょっと前に、Twitterで"逃げる"ことが話題になってるの目にして、そして、また過労自殺の件でその辺の話が沸き上がってて、そんなこんなで色々と考えてたので並べます。

まとまるかどうかは定かではありませんので悪しからず。

 

さて、"逃げる"という言葉が指す行為は色々あるけど、私のやった一番の"逃げ"というのは大学辞めたことなのかな、と思う。

今振り返ると、辞めるまではなくって、どうにか卒業して次を考えれば良かったのだろうけど、当時は狭い世界での考えに囚われてしまって身動き取れなくなっていたから、その時の最適解だったのだろうとも思う。

逃げはした(つまりは既定のレールから外れた)けども、今はフツーに働いてアレコレ楽しんでる時も多いから、逃げたことを死ぬほど後悔してるかって言うと、そういうわけでもない。

逃げたところで結構どうにでもなる。

 

というのは、今の結構のほほんとした状況にあるから言えることで、まさにその時に直面しているヒトが逃げるか踏み止まるかという選択はそのヒトでしか下せないし、逃げることで失うことももちろんある(しかも、結構多いんだよな)から、安易に「逃げればいい」とは言えない。

その辺は、Twitterでも色んなヒトが言及してたけどその通り。

ただ、私的な経験からは、逃げてもいいんじゃないってスタンスが基本にある。

 

 

"逃げる"ことの最終形は、やっぱり死ぬことになるんだろう。

それが良いか悪いかをとりあえず置いて考えれば、自分を悩ませる諸々は生きているから、これから生き続けていくはずだから付いて回る事で、それらを根っこからスパッと断ち切ってしまえる方法だ。

ただ、それには非常に大きな抵抗があるし、そうしようとするヒトがいれば、全力で止めようとする。

何故か。

他の逃げる手段と違って、死ぬとそこで終わりなんです。次がない。

 

逃げることは悪いことだ、って意識ありますよね。その価値観を否定はしませんが積極的に肯定もしません。

ただ、逃げたその時はかなりネガティブかも知れないけども、その先で幾らでも挽回が効くと思うのです。その気があれば。

映画「もののけ姫」でおトキさんが「生きてりゃなんとかなる!」って言うじゃないですか。そういう所。

死んでしまうとそれが無くなる。その辺が嫌だなーと思う。だから、死のうとするヒトは止めますよ。

(逃げて逃げて結局「あの時死んでた方が楽だった」という展開もあるだろうし、死んでも来世で、という話をしたい方もいらっしゃるかも知れませんが、その辺はスルーしております、はい

 

 

挽回が効くって所についてもう少し書いておく。

その時は"逃げた"って見えるかも知れないけど、その先で振り返ったらそうは見えなくなるかも知れない。

逃げ=悪い、という価値観があったとしても、そもそもそれが"逃げ"でなくなったらどうだろう。(屁理屈か?笑

あれは大きな転機だった、だとか、笑い話だったよなぁ、だとか、そんな形で振り返ることができるかも知れない。

そういう可能性が、逃げた先には幾らでもあると思う。

自分でそうする事も、幾らでも可能だと思う。

何にしてもだけど、ひとつの事実の意味がこっちからとあっちからとでは全然違って見えることは、間々あるのです。

今、この時の見え方だけに囚われる必要はそんなにないよ、という話。

 

 

あとね、周囲で頭ごなしにあれこれ言ってくるヒトの言葉に耳を貸す必要はありませんよ。

そのヒトはそこに居るしかないから。そこからの景色しか見えてないから。

逃げるってことが理解できてないかも知れないから。理解できないってのは目を曇らせるからね。

逆に、友人や家族としっかり話をできるといいかもね。

私も、大学辞めるって時に(その決断は勝手にしたので、相談というよりも報告という体での話になったのだが)色々と話せて良かった。

特に友人がした話は、自分とは全然違う視点に立ったものだったし、頭をガツンと殴られる衝撃があった。世界を広げてくれた。

逃げるかどうかの瀬戸際にある当事者にとって、周囲がしっかり寄り添ってくれるってのはとても大きい。

私もそういう時があれば、寄り添えるヒトでいたいと思う。

 

 

とまぁ、今はそんな感じ。まだこの先考え続けるんでしょう。

ではまた、その内。