No.33

特にテーマはございません。日常で見たり聞いたり考えたことを、徒然なるままに。

私的コレ聴け5選2018

今年もあまりCDを買わない1年でした。

というワケで今回もボリューム減でお送りします。

 

※数字は順位ではないので悪しからず

 

1.Sons of Kemet「Your Queen Is A Raptile」

Your Queen Is A Reptile

Your Queen Is A Reptile

 

全9曲が全て「My Queen Is~」から始まる曲名で構成されるアルバム。

縦横無尽に吹き流れていくサックスがカッコいいです。

UKジャズのバンドということですが、あまりジャズっぽくなくて、ラテンやアフリカンな空気を持つ民族音楽のニオイがすると言うか、踊れる音楽。

いつの間にか、アルバム1枚聴き終わっている。文字通り、音楽に没頭できます。

 

2.Alice Phoebe Lou「Orbit」

Orbit

Orbit

 

 

南アフリカ出身でベルリンを拠点に活動しているSSWが日本デビュー。ぇー、グローバルさがぶっ飛んでてよくわかりません。笑

そんな御託は置いといて、またイイ感じの歌声を持った方ですね。Aimee MannDidoに連なる系譜という感じで気に入りました。

ストリートでの演奏からキャリアがスタートしてるのはスゴい。そして、そこから始まるケースもあるってのが素晴らしい。

じんわりしっとり染みてく1枚。

 

3.TRAMPOLENE「Pick A Pocket Or Two」 

ピック・ア・ポケット・オア・ツー (PICK A POCKET OR TWO)

ピック・ア・ポケット・オア・ツー (PICK A POCKET OR TWO)

 

 

今年の出会えて良かった枠。

Loud盤とQuiet盤の2枚組アルバム。全28曲の大ボリュームで大満足。

LoudはかっけぇしQuietは聴かせるし、このバンドの幅と厚みを見せつけてくれます。

オススメは、Loud盤の2曲目「Divided Kingdom」。冒頭のリフが最高に痺れる!!

UKロックシーンはホント、次から次にイイ感じのバンドが出てきてくれるので追うのが楽しいですね。

 

4.The Vines「In Miracle Land」

IN MIRACLE LAND

IN MIRACLE LAND

 

 

こちらは以前から追ってるUKロックバンド、The Vinesの4年ぶり新作。

前作はイマイチハマらなかったのですが、本作はややグランジ方向に舵を切ってきたのかなという印象でツボな1枚です。

特に3曲目の「Leave Me Alone」は、Nirvanaの「Smells Like Teen Spirit」を彷彿とさせてくれる傑作だと思います。

 

5.Serph「Aerialist」

Aerialist [NBL-224]

Aerialist [NBL-224]

 

 

作品はコンスタントに出してるけど、なかなか表に出てきてくれないアーティスト、Serph。そんな彼のライブに今年行けたのは嬉しかったですね。

そのライブの1週間後にリリースされた今作。「Aerialist」という題名さながら、Serphらしい浮遊感満載の曲達が詰まってます。

 

今年は他に、Mammal HandsとGoGo Penguinという、大好きな2大海外ジャスバンドのライブも観に行けたのもとても嬉しかったです。生で聴くとやっぱ凄味が違う!

一大ニュースともなったELLEGARDENの復活ライブはチケット外れて涙をのみましたが。。。

 

そんなこんなの今年の音楽たちとの出会いでした。 

で、2013年から続いているコレ聴け企画ですが、今回で最後とさせて頂きます。

理由は、音楽を聴く軸がストリーミング系のサービスに移ってきており、結果、発売年に限らない聴き方が主となっている事で、こういう形でまとめることが困難になりつつあるからです。

最近の音楽に対する付き合い方として、1枚のアルバムや1組のアーティストという単位でのレビューを行う方がより自然かなぁ、という思いが強くなっている為、そういう形式に変更します。

(となると書くきっかけが無くなり書かないのでは、という危惧もありますがその辺は今後のお楽しみというワケで(逃

 

というワケで、本企画は最後となりますが読んで頂きありがとうございました。

ではまた、その内。良いお年を。